福島原発3号機プール,未だに97%(550体分)の場所が画像隠蔽(公開は3%のみ。7体取出しもその3%から)

■東電テレビ会議録画 : 2012/10/5公開分 : 本37-6の0:33〜
3号機爆発:ただの水素爆発だったことにするよう口裏を合わせている場面 → youtube ニコニコ
 オリジナル → 《東電サイト内の写真・動画集頁》 内の「本37-6」0:33〜。 転載 → youtube
燃料飛散済か否か測定では白黒付かない(とびとびに堆積してる上,測定器は数cm以内に近づけないと反応してくれないから)。白黒付けるには,プール内に使用済燃料が全部残ってるか否か見る以外に方法がないのに,未だに見せてくれない。プール内を覆い隠す瓦礫をずっと撤去しないようにしてる。


■3号機プール内燃料7体取り出しても,550体分の場所は画像さえ完璧隠蔽 → 何割か飛散して無くなってる可能性大 → 毒吸わせてる最中

僅かな画像公開箇所で、どれほど,燃料が飛散せずに留まってる様が確認できようが、どれほど進展(7体取り出し)しようが、
大半を占める画像未公開の場所が、同様に、燃料飛散無し確認可で取り出し可とは限らない。
保管場所が完全に小瓦礫に覆い隠され確認不能の状態かもしれないし、そのせいで飛散済が発覚しないのかもしれない。

むしろ、
《3号機プールあたりで爆発》 が起き(上昇気流が高さ300メートルまでわずか5秒で着く程の高温ガス発生)、
《鉄骨グニャグニャ》 になった(高温ガスが一瞬通っただけで鉄骨の構造物全体(数十トン)が800℃になった)
という状況証拠から、
一部の箇所で、ラックが壊れ、燃料が密集し、核分裂の連鎖反応が起き、
●その箇所と近辺だけ、熱で燃料が気化して飛散したと考えるのが自然です。

ネット上に
「もし1体でも連鎖反応を起こしたら566体全部が気化する。無事な物が1体でもあったら残りも全部無事に決まってる」
などという馬鹿げた話が拡散されていますが、全くの出鱈目です。
正しくは、何割かが連鎖反応を起こし熱を出し気化したとしも、
熱で気化するのは、燃料が密集して連鎖反応が起きた箇所とその近辺であって、
熱の出た箇所から離れた場所の燃料は当然無事であり、
「無事な燃料があるから、他のどの燃料も1体も気化していない」などと言えるわけが無いのです。

そりゃ、核兵器みたいに1億℃になれば、566体全部が気化するかもしれませんが、
なった温度が1万℃くらいなら、熱の出た箇所だけ気化し離れた場所は無事、となっても不思議はない。

連鎖反応でどのくらいの温度になるかは、連鎖の拡がる速さ次第です。

連鎖が始まるとすぐに熱が出始めますから、
連鎖が拡がって行く途中の、少ししか拡がっていない段階で、
燃料が100℃を超えて周りの水(中性子を減速する効果がある)が気体の状態になり、
燃料が4200℃を超えて燃料自身が気体の状態になります。

水が気体になると、膨張し、密度が下がり、中性子減速効果が下がり、核分裂数の増倍率が下がり、
燃料が気体になると、膨張し、ウラン235の密度が下がり、増倍率がさらに下がり、
やがて、増倍率が1を切り、連鎖反応が止まり、その温度で頭打ちの状態で爆発しますが、
増倍率が1を切る密度になるにしても時間ゼロでは無理なので、
水が気体になってから増倍率が1を切るまで、短い時間ですがタイムラグがあります。
水が気体になっても、この短い時間の間、連鎖反応は続き、温度は上がり続けます。
この間に、どれだけ多くのウラン235を核分裂させられるかで、温度がどこまで上がるかが決まります。
連鎖の拡がる速さが速いと爆発時の温度は高目になり、遅いと爆発時の温度は低目になるわけです。

原発燃料は、
核分裂が他の核分裂を誘発するまでの時間が、核兵器の100倍掛かりますし
(中性子が水に当たって速度が遅くなるまで誘発しないから。中性子の速度が遅くなるまで待つ時間が必要)、
誘発ごとの、核分裂数の増倍率も、核兵器より遥かに小さい(精々1.1)ですから、
連鎖の拡がる速さは核兵器より遥かに遅く、爆発時の温度は低目になります。
ですから、熱の出た箇所から離れた場所が無事でも不思議はなく、
「無事な燃料があるから、他のどの燃料も1体も気化していない」などと言えるわけが無いのです。

そうなると、逆に、
「連鎖の拡がる速さが遅過ぎるせいで、燃料が気化しないうちに収束する(爆発しない)」
と思うかもしれませんが、そんなことはありません。
核兵器爆発時の温度上昇は約1億度、燃料が気化するのに必要な温度上昇は4200度、2万倍くらい差がある。
連鎖の拡がる速さが遅いとは言っても核兵器と比べてであって、核兵器の2万分の1くらいは温度上昇します。

概算で見積もっても、燃料が気化する程度の温度上昇は充分あり得ることがわかります。
燃料プールは、平常時の時点で、核分裂1回あたりの、核分裂数の増倍率が0.95もある。
ラックが壊れ、間隔が前後5%,左右5%縮まって密集度が10%上がったら増倍率も10%上がって1.05になる。
1.05個誘発のうち、1.0395個は即発中性子が誘発し、0.0105個は遅発中性子が誘発する。
即発中性子が誘発に掛かる時間は平均0.0001秒だから、
即発中性子による誘発だけで、0.0001秒ごとに1.0395倍、のペースで増えて行く。
実際には、これに遅発中性子による誘発が加勢するから、これより速いペースで増えて行く。
つまり、0.0001秒ごとに1.0395倍以上のペースで増えて行く。
水が気化するまで増倍率を下げることは何も起きないから、燃料は必ず100℃以上になる。
燃料の元の温度を10℃とすると、燃料は90度以上上昇する。
10℃からの上昇量が90度になってから、わずか0.01秒で、核分裂数は 1.0395の100乗 ≒ 48.13 倍になり、
10℃からの上昇量も90度の48.13倍の4331度になり、温度は4341℃になる。
100℃になってから4200℃を超えるまで、わずか0.01秒しか掛からないのです。
水が気化すると増倍率も下がって行くから、核分裂数の増加ペースは少しは鈍りますが、
それでも、核分裂数が48.13倍になる前に増加が停まるわけがなく、
0.01秒が少し延びはしても48.13倍まで行ってしまう(4341℃まで行ってしまう)ことはわかると思います。

上の説明を読めばわかるとおり、
燃料が1体も気化せずに留まってて公害も起きずに済んだかなんて
大半を占める画像未公開の場所を見ない限り、わかるわけがないのです。

■東電と政府は、たった3%の範囲を餌に、
大半を占める画像未公開の場所も同様だと国民に思い込ませて騙そうとしています。
彼らは、
皆さんが「大部分が完全に小瓦礫に覆い隠されてる酷い状態なら、それを放置して一部だけどんどん先に進めて行くわけがない」
と、常識的に判断する点に、付け込んでいるのです。

彼らは、そんな常識は、屁とも思っていない。
彼らの考えてることは、
「税金として国民から奪って集めた金が移住費用にまわされて、自分のとこに回って来なくなったら嫌だなあ。
 移住費用にまわしてたまるか! 数百万人が肺癌になって死んで行こうが知ってたまるか! 発覚を遅らせてやる!」
です。その一心で行動しているのです。

見てもいない場所も同様に健全のような気がするのは、ただの空気です(空気を読むのあの空気ね)。
大手マスコミどもが、卑怯な報道の仕方をして、そういう空気を作ったのです。

そもそも、皆さんは
朝日ニュース → 《またまた延期 3号機の使用済み燃料棒取り出し》
「燃料の一部は、瓦礫に埋まっているとみられ」
を見るまで、
燃料取り出しのこの時期に,これほど小瓦礫が残ってるとは思わなかった、
瓦礫はすべて撤去されたと思い込まされていたと思います。
つまり、これほど小瓦礫が残っているのに、瓦礫はすべて撤去された、と思い込まされて騙されて来たのです。

この、騙されて来た事実をしっかり噛み締めながら、
画像を見せていない場所についても、騙されている(今度は燃料有無確認不能なほど散乱してる)可能性を考えてみてください。

■なお、東電が瓦礫を放置する理由は、
燃料が一部飛散済だと予見しており、もし瓦礫を撤去すると作業員に一部飛散済だとバレて騒がれて明るみに出てしまうからです。
東電がその放置を単に行うだけでなく、国民に瓦礫撤去済だと思い込ませて騙しながら行う理由は、
国民に、
「燃料取り出しは後でいいから、瓦礫撤去を、燃料がそこにあるのか無いのかわかる程度には、今すぐやれ!」
と、全国で抗議活動が巻き起されると困るからです。燃料一部飛散済だと予見しててそれを隠蔽し続けたいからです。

■福島原発3号機爆発の激しい上昇気流、鉄骨グニャグニャを見ると、
プール内にあった使用済燃料の何割かが、
発電時と同種の核分裂連鎖反応を起こし暴走して溶け大気中に飛散した可能性が高い。
燃料飛散済か否か測定では白黒付かない
(とびとびに堆積してる上、測定器は数cm以内に近づけないと反応してくれないから)。
白黒付けるには、
プール内の燃料置いてた場所を覆い隠してる瓦礫群を撤去し目視確認する
以外に方法はないのに、
未だに、クレーン(大型瓦礫)、ハッチ蓋しか撤去せず、97%覆い隠してる小瓦礫群を放置している。
3年近く、終了予定日が近づく度に予定を後にずらす手口を繰り返した後、
進捗報告をいきなり打ち切り、その後2年半、瓦礫の件はダンマリを続けている。

東電は、残ってるのは燃料取り出しだけで、小瓦礫撤去は完了しているかのように発表しているが、嘘である。
小瓦礫撤去は全く行われておらず、プール水中の97%を小瓦礫群が覆い隠してる状態は、未だに放置されている。
そのことについて、東電と政府は、
「97%覆い隠す小瓦礫の撤去は、燃料取出し作業の一部だ(並行して行う)から
 97%覆い隠されたままで当然。最初からそういう計画だった」と嘯いている。
(根拠 → 《装置の解説》 内の「燃料取扱設備は、使用済燃料プール内に堆積したガレキを撤去し、燃料を取り出し...」)
そのくせ、報道では「燃料取出し」としか言わず、
まるで、小瓦礫がすでに撤去されて燃料飛散無しがすでに画像で確認できているかのように国民を騙している。

■細かい瓦礫群の撤去さえ行えば、
移住させないと将来,数百万人が肺癌になるか否か、一目瞭然で白黒付くのだから、
瓦礫撤去を先送りし続けていいわけない(燃料取り出しは先送りしていいが瓦礫撤去だけはすぐしないと駄目!)


■東電の公開画像


ソース

これら公開画像を見ればわかる通り、
存在が確認できてる燃料は、たった10〜20体。それも取っ手のみ。
残り550体程は、残ってるのか飛散済か、わからないまま。
残りも早く見せろ!


■2015年10月末の東電の発表と、2016年1月末の時事通信の記事


昨年10月末の発表のソース
記事のソース(リンク切れ)   記事の転載

わずか報道3ヶ月前の10月末には、報道2ヶ月前の11月末ごろ終了すると言っていた。
時事通信は、なぜ、
最初から2ヶ月後の3月までの予定だったかのような、国民を騙すような
書き方をするんだ!
「がれき撤去は今年3月ごろ終了し」と書くのなら、
それと同時に、
「東電は、昨年11月末ごろ終了する予定だったが、4ヶ月後ろにずらした」
と書くべきだろ。
そう書かないのは、後ろにずらしたことに感づかれないようにするためか?

■時事通信よ、もう3月が終わったぞ!
このままダンマリを決め込むようなら、わざと瓦礫を残し続けてることがバレる寸前なので
それを誤魔化すために苦し紛れにわざと嘘の記事を書いたと疑われても仕方がないぞ!
(燃料消失箇所があることを作業員達に目撃されるのを恐れ瓦礫群に未だに手を付けない)


■この、終了予定日を勝手に○○にずらして、
最初から○○までの予定だったかのように東電が発表し、
大手マスコミがそう報道する、
という手口は、4年前から1年前までの3年間、何度も使われて来て、
終了予定日は、3年間の間に、3年くらい後ろにずらされている。
1年前からはずっとダンマリ(予定表を出しさえしない)。

東電は、瓦礫撤去に関しては、
クレーン(大型瓦礫)とCUW/FDハッチ蓋の撤去以外、全く何もしていない。
細かい瓦礫群をそのまんまずっと残したままにしてる。

そのことに国民に感づかれないようにするために、
毎回、最初から○○までの予定だったかのような書き方をして
騙してるんだろう。

何が何でも、細かい瓦礫群を残しておきたい理由でもあるのか?

■細かい瓦礫群の撤去予定が何度も後ろにずらされて来た様子


ソース(経産省サイト内 or 東電サイト内 or 時事通信サイト内)
2014年5月に発表された開始予定日(「キャスクエリアのガレキ撤去」のところ)
2014年6月に発表された開始予定日(「キャスクエリアのガレキ撤去」のところ)
2014年11月に発表された開始予定日(「その他瓦礫撤去」のところ)
2015年2月に発表された開始予定日(「その他瓦礫撤去」のところ)
2015年5月に発表された開始予定日(「その他瓦礫撤去」のところ)
2015年8月に発表された開始予定日(「その他瓦礫撤去」のところ)
2015年10月に発表された開始予定日(「その他瓦礫撤去」のところ)
2015年10月末に発表された開始予定日(「その他瓦礫撤去」のところ)
2015年11月に発表された使用済燃料プール対策 スケジュール
2016年1月末の時事通信の記事

■測定で未発見や今現在肺癌なしは証拠にならない( 理由 )、
プール内燃料の 核反応→暴走→溶→飛散 は起こり得る( 理由 )、
状況証拠はそれが起こってしまったことを示している( 詳細 )、
のですから、
爆発前に燃料置いてた場所を3%(566体中10〜20体)しか見ていないのに
「全部残ってる(一本も飛散してない)に決まってる」
と言える状況ではないのです。